磁気光学スイッチの応用

Ⅰ. 磁気光学スイッチ

磁気光学スイッチング素子の応用と多安定スイッチ,光シャッタ,変調器,アッテネータへの応用は,高速光通信網,光通信用光クロスコネクタで主に使用されている。また,光パス監視・データネットワーク,保守システム,光ファイバセンサシステム,光ファイバ測定システムなど様々な応用を行っている。また,光ファイバ通信システム,センサ検出分野,計装分野,インテリジェント制御分野,防衛産業分野で広く利用できる。


Ⅱ. 1×N磁気光学スイッチ

の1×n磁気光学スイッチの特徴は、高速の磁気光学スイッチに関する。そして、主に高速の全光通信ネットワークで使用される光スイッチを提供する。入力装置の入力ポートおよび出力装置の出力ポートは、両方とも光ファイバによって、外部に接続される。そして、それは低偏光感度、可動部分、小さい挿入損失、速い応答速度、高集積度、小さいクロストークおよび小さいサイズの利点を有する。強力な干渉防止能力,低駆動電圧,高安定性,簡単で信頼性の高い回路設計,長期連続運転の要件を満たすことができる。スイッチングを高速化し、必要なスイッチングエネルギーを減少させるためには、変換プロセスの開始時に逆符号を有する磁区の問題を回避する。従来のスイッチの半分のエネルギーは、スイッチの状態を切り替えることができ、エネルギーを節約でき、高効率、低消費電力、制御信号の容易な集積化および良好な制御効果を有する。

関連ニュース
関連商品