V溝ファイバアレイに関する知識

V溝ファイバアレイは、V溝基板を用いて所定の間隔で光ファイバ束又はファイバリボンを基板上に設置するアレイである。光ファイバアレイの加工工程は、光ファイバコーティングが除去された裸の光ファイバ部分がV溝に配置され、押さえ部によって押圧され接着剤で接着されることにより、最終的に研削され研磨され、必要な精度に研磨される。フロントエンドにおいて、光ファイバは正確にPLCに接続されて配置され、異なる光ファイバのスプライスが基板上に実装される。


Vグルーブファイバアレイは主に光通信の情報を伝送するために使用され、直接画像を送信することもできる。光ファイバアレイを形成するために幾何学形状に多数の光ファイバが配置され、アレイの両端の光ファイバは1対1で配列され、アレイ内の光ファイバは画素に相当する。そして、光ファイバアレイの一端の光学像は、アレイの他端で再生される。様々な光ファイバ内視鏡はこの原理に基づいている。通信分野の発展に伴い,高速,高密度光ファイバ伝送の要求がますます急増している。一次元光ファイバアレイを二次元光ファイバアレイ(2次元ファイバアレイ,すなわち光ファイバアレイ)に拡張することは避けられない。平面光導波路、アレイ導波路格子アクティブ/パッシブアレイ光ファイバデバイス,マイクロエレクトロメカニカルシステム多チャンネル光モジュール



関連ニュース
関連商品